フリーウェイMF03関連

Powered by Six Apart

メイン | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月 8日 (日)

MF03 フリーウェイ サス交換までの道

初心者の為の整備(私が初心者なので^^;)MF03フリーウェイ

さてまずは、ラゲッジボックスを外します。

Photo_2 

こんだけですよ^^

そして・・・・

2

上の写真のようにバッテリーカバーが持ち上げると
引っかかるのでちょっとよけます。
そしてシートロックを持ち上げると
ラゲッジボックスが取れます。
happy01

Photo_3

左右のサスのアッパージョイントネジをはずします。

ネジの12mmかもです;;わすれました。gawk

Photo_4

↑左リヤサスの下のネジをはずします。エアークリーナのカバーが
邪魔になりますが手で開いて後方に動かします。すると取れます。

Photo_5

右サス取るのにはマフラーが邪魔なので
マフラーを取ります。

最初に4つのネジを取りますが、写真にあるラチェットがある所のネジは
外しにくいです。5cm延長でやりました。
(ラゲッジボックスのあった上からのスペースでメガネでも少しずつですが、可能です。)

その後マフラーのネジを緩めて後方に小刻みに引っ張ります。

Photo_8 14mmだったかも^^;

下の方を結構無理やりですが横にずらして後方にずらします。

これでサスは両方取れます。つける時も反対の手順でやりました。good

ここで区切りますが、その後やった事もついでにできるので見てくださいね^^

ホイール交換とリヤブレーキスイッチの調整リヤショックの簡易洗浄など


 

MF03 フリーウェイ サス交換からから・・・ホイール交換まで

引き続きサスの適当な洗浄しました。happy01
Photo_9
丸の部分ですが、スプリングとスプリングガイド(カバー)がすれて
じゃりじゃり鳴っていたので
まずショックの上と下の部分を持って捻りながら入った砂を細かくして
上の方を下に(柔らかい所)に叩きつけて少しでも砂を出しました。

そのあと適度にCRCをスプリングとカバーの間に軽く吹いて
やりました。(多分また砂埃がついてしまうと思う・・・
coldsweats01

自分が納得いく程度にやりましょう^^
ちなみにブレーキクリーナは必需品です
(´ー`)y━~~

ついでにホイール交換もしました・・
家には部品取りのもう一台があり前に新しめの物に交換してあったので
そっちをつける事にしました・・・ついでなので・・・
さてホイール外し編です。
Photo_10

こいつが結構大変でした。二人なら一人乗っかってもらってフットブレーキをかけてもらうといいです。

今回一人でやってのですがかなり無理な体勢でした;;
ナットに24mmのメガネをさして左足を置いて、右足はフットブレーキに・・・
想像してみてください (ーー;).。oO(想像中)
きつい体勢です。

まあとりあえずなんとか緩みましたので取れました。^^b


Photo_11

とれた部品ちゃんと順番覚えましょう。
つけるときはグリスつけて取り付けました。

Photo_12

緩めないとホイールの内側にシューがあたってとれないです。

ちなみにバネが付いてますが、前にブレーキシューがホイールに張り付く
現象があったので仮に付けておいたものです。(強化バネ;;)

Photo_13

ホイール並べてみました。

左が中国のフュージョンみたいなやつから外した5000キロ走行の物

右が付いていたフリーウェイの物、反対から見ると穴が4つありますが
左のにはありません。ちなみによくオークション等で
フュージョンの
メッキ加工のホイールは大体この中国産からつくっているみたいです。

外形に出っ張りがフリーウェイにはありますね~

次は日本産フュージョンMF02の新車はずしがほしいです。

Photo_14

ここを触るとシューのあたっていた部分が削られてます。

削れるといくらシューが新しくてもブレーキがあまく止まりません。
ちなみに5000km位のほうは、ほとんど指が引っかかりませんでした。

かなりの金属やシューの削り粕がたまってました。体に良くないらしいので
吸い込まないようにし、ブレーキクリーナで洗浄しましょう。

ついでに本体のドラム部分もエアー(PCの埃飛ばずやつ)を吹いときました。

後は逆手順で取り付けるだけです。

もう一つ調整しました。リヤブレーキスイッチです。

テールランプの点燈具合ではなく今回はフットブレーキを
かなり強く踏まないとセルが回らなかったのでそのための調整でした。

Photo_15

スイッチ調整するのに外します。
センターカバーは簡単に外れます(ブラスねじ2本)
矢印方向に引っ張れば取れます。

Photo_16

センターカバーを外した後で、プラグコードをプラグからはずします。
そうしないと手が入りませんでした。

Photo_17

1_2

左手で押してつまみの部分をだして、右手の人差し指で回しました。
その後丁度いいか確認しましょう。回し過ぎるとブレーキランプが
点きっぱなしなります。このくらいで本日やめました。


一応ブログ見て頂いた初心者オーナー様のために豆知識を書きました。

フリウェーイ初心者オーナーの為の豆知識!!

フリーウェイの弱いところの1つがここです。

Photo_19

部分が CDI(点火装置)

部分が レギュレーター(レギュレート・レクチファイア)

これがだめになるとバッテリーに充電されません。
電圧を制御するらしいので、ライト球がよく切れるとか
バッテリーが上がる等あったら寿命かもです。

熱のこもりやすい所なので駄目になりやすいのかな~

エアコンの排水ホースくらいなら通りそうなのでそれを使って
直接風が当たるように風の通路をつくってやるといいかも・・
こんどかんがえようかな・・・

部分
この部分のカバーをみると穴があります。ここからキャブに向かって
マイナスのドライバーをのばすとアイドリング調整ネジがあるので
回転が低すぎて・・・とか 高すぎて・・と思っている方は
調整できますよ^^

2009年2月11日 (水)

MF03 フリーウェイ セルモーター分解!

セルモーターの分解に挑戦しました。
結構単純なので・・・清掃してみてはいかがでしょう??

(関連作業としてシートをはずしてからやります。)

1

丸部分の10mmをはずします。catface

2

セルの+部分のゴムめくった画像。
Photo

マイナスドライバーでこじります。catface
Photo_3
とれたら右の二本のネジと左のナットをはずします。

ちなみに取るときマイナスドライバーで右ゴム部分を
ハンマーでかるく叩きました。ゴムが傷つきました
coldsweats01
すると三分割になりますが、
左からフロントカバー、ケース、リヤカバーになります。
フロントカバーにはブラシが入っています。
ケースには磁石
リヤカバーはふたみたいな物です。

Photo_5
ばらすとこんな感じです。
左上がアーマーチェアと言います。
けっこうカスがはいってました。軽く叩いて清掃しました。
Photo_7
丸の部分(ブラシ)が削れます。まだ大丈夫かな~~
組む時はケース(外側円筒)に磁石があるので、
アーマーチェアが引っ付きます。
その状態でブラシ側のフロントカバーに入れます。
そしてリアカバーをつけてネジでとめるだけ^^

とりあえず、ブラシの減り具合の確認などできますので
これがなくなるとセルモーターは回りません。

ブラシASSY(交換)すれば問題なく結構使えたりするので、
わざわざモーターごと換える事はありませんよ^^

MF03 フリーウェイクランクカバーはすしてみました!

なんとなくクランクカバー外しました。
(関連作業としてボディープロテクタをはずしてからやります。)
1_2
まずはベルトケースエアークリーナーをはずします。
プラス3つです。
2_2
はずれました。こんな感じです。
3
ネジ三つ外します。
エアクリーナを外すと楽そうだったので外しました。
(関連作業としてエアークリーナボックス)

4

外れました。このパッキンは古いと外すと伸びていることがあり
新しいのに交換したほうがいいかもしれません。

この後駆動系を点検整備できるようになります^^

MF03 フリーウェイ専用工具無しでプーリーやドリブンプーリーをはずす。

さてクランクカバーをはずしたら。プーリーやドリブン、ベルトが見えます
これを専門工具なしではずしましょう^^
Photo_8
リンク先の方の方法でやってみました。
ボルトを奥のムーバブルドライブフェイスの爪に引っ掛けます。
そしたらボルトがまわせました。
(さすがですmugachoさん^^b)


そして・・・下図の次なる課題はドリブンプーリーです。
こいつのネジを回すのに本当はステンレスワイヤーを買ってきて
引っ掛けてやるつもりでした。(サスボルトとドリブンの穴に)
が・・・・買いに行くのが面倒^^;
知恵をしぼって、家にある物で写真の通りハンガーでやってみました。

Photo_9
一本で引っ掛けてやったら ちぎれました・・・・crying
そしてハンガー一本を二つ折りにして再度挑戦!!
Cimg0815

Cimg0816_2
Cimg0817

ナットは無事まわりました。^^
多分こんな開け方するのは私だけでしょうね;;
ちなみに、クランクとハンガーのあたる所にウエスをいれて
おくとハンガーが切れにくいです。
Cimg0818

ばらされたプーリー達です。

ここまでばらしたのですが、ドリブンプーリーの41mmナットが
開けられませんでした
wobbly
さすがに工具が必要なのかな~~
なんとか知恵だけであけたいのだが・・・^^;きついっす。
一応ナットに傷つけてマイナスドライバーでハンマーで叩いたのですが
かなりきつくしまっていたので、断念(><)

2009年2月14日 (土)

MF03 フリーウェイ エンジン脱着に挑戦(まだ脱だけ;;)

本日エンジンとって見ました。
とにかく工具がないので大変だった・・・
正直工具はいい物を使った方がいいです。
よくある無名のレンチセットなどを使うと
かならずネジが舐めるorz

Cimg0858

まあなんとかはずれましたが・・・・
本当は手順もいれて写真に載せたいのですが、
点検を急ぎたいので、文面は省略し
近々、エンジン脱着の説明入れてブログ書き直します。

お楽しみに!!^^
Cimg0855
大変だったエンジンハンガーのボルト・・・・
Cimg0843
Cimg0844
めんどくさかったオイルとLLC抜き・・・

まだまだありますが・・・とりあえず点検に向かいますノ

カテゴリーの中のエンジンに追記しました~^^
そちらでエンジン脱・・・みてください


2009年2月15日 (日)

MF03 フリーウェイ ドリブンナット(41mm)の挑戦・・・・しかし・・・

前にクランクケース開けたときに、廻せなかったナット・・
ドリブンの41mmナットですが、挑戦しました。
構想としては、ジャッキの内側に挟んで廻す予定でしたが・・・1

失敗!
crying
赤丸のジャッキの止まってるリベットの分数ミリ
奥に入らない><
もしかしたら、ジャッキの形状によっておさまるかも・・・・

で結局これで廻しました。
000
弟に借りに行ってきました;;
パイプレンチです。たぶん600~700円位で売っていたような・・
さて、一応開け方ですが、
1111
まず、ナットの内側に軽くCRCを吹きます。
そしたらナットをパイプレンチで挟みます。
そのままの状態で足で踏みます。
踏んだら時計と反対回りの方向に
ハンマーでパイプレンチの柄を叩きます。
足を乗せる事がコツです。

まあ、とりあえず知識不足でした・・・個人的には
ジャッキでいけると思ってましたが、残念
gawk


2009年2月16日 (月)

MF03 エンジン脱着の険しい道のり・・・・

いくつかに分けて説明出来ればと思います。
説明前に先に言ってしまうと・・・・工具は揃えましょうw
私みたいに安物のソケットレンチセットだけでなんとかなる
レベルではありませんでした^^;
まあ・・・・みてみて下さい・・・険しかったです。

最初に写真にはのせませんが関連作業として
カウル類はリヤ回りすべて取りましょう~
シート関連・サイドプロテクター関連・フレームボディ関連

①そしたら、LLCを抜きます。先にオイルでも可。
Photo
この部分のナットを緩めるとちょろちょろ出てきます。
Photo_3
前のカウルはずしてラジエーターキャップを緩めると
さらに勢いよく出て
きます。(スイマセンまだ前カウル外し書いてないですね;;)
出来ればホースなどをラジエーターの穴に突っ込み
ついでに、綺麗にしとくと良いです。

②オイル抜きます。
Photo_2

(実はここで私は失敗しました。)
抜くときのボルト舐めてしまった・・・・orz
17mmなのですが、安物ソケットレンチだめです!!
結局隣のおじさんが見ていて16mmソケットあるぞ~
と言って叩いて入れて廻しました。
無駄な時間でした^^;

ちなみにこのまま車体を傾け出来る限りぬいた方がいいです。

③オートバイスターターのコネクタ・ギボシ・センサーをはずします。
Photo_4

キャブにくっついている丸の部分は外しません。オートバイスターターの
不良などの時にはずして交換しましょう。
今回はコネクタとギボシとセンサーです。

④セルモーターのナットからアースなど外します。
Photo_5

セルはずし編を参照してください。

⑤キャブ外しです。
1_2
このホースを外します。3本

⑥そしてキャブ本体をエンジンから外します。
Cimg08471
ここの2本を外しました。
Cimg0850
持ち上げられます^^

⑦ラジエーターホース外し
Cimg08472
ここのネジを緩めてマイナスドライバーでちょっとこじります。
Photo
そして下のホースもはずします。
ここでですが、抜いたはずのLLCがまだ出てきました。
手にドポドポと・・・・^^;やっぱり残ってるもんですね
ここまでくればもう一息って所です。
正直あとチョットだーっと私は安心してました・・・・が

最大の問題点にぶつかりました・・・
ちゃんとした工具さえあれば問題ないことなんですが^^;
ハンガーのナットです。私にとって史上最悪のトルクで
締められていました。8kgと言ったらこのバイクで
三番目に硬いしまり方・・・リヤホイールが11kgだった
これも一人だと苦戦しました。

つづく・・・・

2009年2月17日 (火)

MF03 エンジン脱着の険しい道のり・・・・②

つづきですが・・・
エンジンハンガーの止まっているナットこれが
やばいくらい硬かった^^;
Photo_2
この画像は2回目のトライですが、一回目は
手持ちのソケット19mmとラチェットでやりました・・・
しかしソケットを入れるとナットより飛び出している
ボルトの部分が奥まで入らず、うまく力が入らない状態でした
しかし、なんとか廻るかなと思い中途半端に入った状態で
ラチェットに足を乗っけて、いざ体重を掛けました


舐めました!!orz
ヤバイ・・・でも何とか廻さんとここまでの道のりが
意味が無い
coldsweats02
そして、2回目のトライ・・・
写真にある左のスパナで再挑戦しました。

さらに舐めました!!crying
 
もうどうにもならないと思いながらも
別のバイクで仕事場に行って工具借りてきました。

Cimg08611
丸に写ったラチェットレンチ?です。
こいつを舐めたナットに軽くハンマーで奥まで叩き
今度こそ・・・と思ってリヤの方に柄を出して
足で踏みつけ体重を乗っけました・・・
なんと乗っかってもビクともしない^^;
乗っかったまま軽くジャンプ
その瞬間、鉄の乾いた音が「
キキィン
張り付いていたナットが軽く廻ったのです。^^b
そして、今度は方向を変えて写真の状態で
思いっきり持ち上げるように、力を入れます。


グキッ・・・自分の体から音が
こ・・腰が・・・・老体にムチを打ちながらやってたので
今度は 腰の軟骨が舐めました。
shockでも軽症ですんだ模様;;

まあ何とか廻りました。やっとですが・・・

Photo_3
とりあえずここまでくれば抜くだけですが
軽くナット側からハンマーで叩くと左側のように
浮き上がってきます。


Photo_4

テンションロッドマウントのナットを緩めて
ハンガーのボルトを抜きます。


Photo_5
ひどい状態錆び錆びです。後で軽くペーパーをして
付ける時にCRCつけるつもりです。

そして、エンジンを外します。エンジンの下にジャッキを
いれて、倒れないようにしてセンタースタンドをし車体の後ろを
持って前に移動しました。本当に腰がヤバイです><
若干どっかに引っかかったので、
着けるとき大変かな・・・もしかしたら

Cimg0858
↓汚いエンジン
Photo_6

 
そして軽く綺麗にしたエンジン↓
Photo_7
Photo_8
後々思ったのですが、クランク開けとくのは失敗でした。
エンジンを綺麗にする時に砂がプーリーやドリブンのシャフトに
落ちて汚れてしまう・・・・
手順としては、エンジン下ろすとナット類が廻しにくくなって
しまいます(固定されてないので不安定)
なので、プーリーやドリブンも一緒に点検するならナットを
緩めてから、カバーを仮でつけてからエンジン下ろしたほうが
いいでしょう。

このバイクはヘッドよりオイル漏れしてたので
この状態↓

2
ドロドロになったラジエーターホースとアンダーカバー
綺麗にするのが大変だ;


そして疲れはてた親父・・・・・・・・・・・・
1

この後はカテゴリーエンジンで点検します。

2009年2月19日 (木)

MF03 フリーウェイ エンジン点検①

さて、エンジンの点検に入ります。
はずしたエンジンを使ってない部屋に入れました。
そこで早速ヘッドの取り外し^^

Cimg0773
スイマセン写真とるの忘れたので以前撮った写真ですが、
6本のボルト外します。

Cimg0889
シリンダヘッド側↑  シリンダヘッドカバー側↓
Cimg08761
丸の部分はやはりカムとこすれるので多少なり磨耗してるようです。
丸の部分だけピカピカです。

よく見るとヘッドカバーの溝(ゴムのガスケットが入る場所)に
バリらしきものが・・・・ここからオイル漏れしてたっぽいです;;
Photo
とがった物で一応削っときました^^

さらにシリンダヘッドをはずします。
とりあえず上死点あわせました。
2
Photo_2

まずはカムチェーンテンショナーをはずします。
Cimg0891

そして6本のボルト・ナットをはずします。
Photo_3
そしたら、カムシャフト外します。
このようになりました↓
Cimg0892  
カムシャフトが回っていたU字部分もピカピカです。
エンジン内部も磨耗は少なくともあるようですね;;
いいエンジンオイルを使用した方がやはり良いかもです。
私はいつもその辺で買ったオイルです。
余談ですが、バイク屋さんいわくオイルはバイク用を
使ったほうがいいと言ってました。
私自身4STオイルなら車でもいいじゃんとおもってましたが、
やはり、車より高回転で回るので車用でも大丈夫だが、
可能ならバイク用で・・と言ってました。


そして、次はヘッドを外します。
Cimg0893_2
ピストンにものすごいカーボンが・・・;;
そしてさらに引っこ抜くと・・・
(張り付いているので軽くハンマで叩きながら抜きます)

Cimg0896
こんな感じ・・・トントン進んで行きますね~
なにも問題なくばらされていきます・・・。

Cimg0895

シリンダの中にもカーボンがありました。
こんなもんなのかな・・・・・
今回ピストンリングを交換しときます。
もちろん汚れは落とします。

ちなみにガスケットの残りが・・・・・
取るのが面倒だけど綺麗にしないとだ;;
Photo_5
赤丸の部分のオーリングは、換えないとです。
結構さびがありましたし、LLCがエンジン内部に
入ったら大変です!
もしかしたらLLCの中にある錆びはラジエーターだけじゃなく
コイツも原因の一つかも・・・・


そして綺麗にする為にピストン外しました。
Cimg0897
ピストンリングを外すときは両サイドの穴にある
ピストンピンクリップを外します。
先のとがった物で外すのですが、注意としては、
外れた瞬間どっかに飛んでいきます;;
私は部屋の中だったので探せましたが、外では気をつけないと・・
無くなります。
本来ピンは新しいものに交換になってましたが、平気そうです。
でも一応買ったのでとりかえますが^^

つぎは、ACジェネレーターの入ってるクランクを開けます

続く・・・