フリーウェイMF03関連

Powered by Six Apart

« MF03 フリーウェイ スクリーン加工・・・・しかし | メイン | MF03 フリーウェイ レギュレーターの交換 »

2009年3月 8日 (日)

MF03 フリーウェイ エンジン着まであと一息!!②

前回続きですがまだ、オイルとLLCを入れてないので
入れました。
オイルは思ったより入る・・・1・3㍑以上入ったような・・・;;
Photo
オイルは安物ですが、すぐ取り替えるのでカストロールを
入れました。(一応k自動車ターボ車対応?品)
K自動車対応にしたのは比較的高回転を使うらしいので・・・

量は多めにいれて、予定ではすぐ取り替えます。
もしかしたらガスケットを削ったときのカスがあったりしたら
嫌なので・・・それに新車同様最初のピストンリングの鉄切粉が
出ると思うので早めの交換です^^

LLCもカスが気になるので最初は水で廻しました。
オイル交換の時にLLCを入れようと思います。

エアクリ付けます。
Photo_2
エアクリはいつもブレーキクリーナー一本使って
綺麗にしてます。
(買うと高い!)
灯油を使う手もあるのですが、廃棄に困るのでブレーキクリーナー
なのです。

この後ホイールを交換、今まで付いていたやつは
すでに内側が減っていて駄目な状態、でもタイヤはまだ6分以上ある
つい最近オークションで新車はずしのホイールを手に入れました。
高かったです;;7500円位した^^;
でも新品だと2万位しますのでまあいいかと・・・
物はこれです↓
Cimg1031
Cimg1033
指でなぞっても、ぜんぜん引っかかりがなく状態◎

タイヤを入れ替えにガソリンスタンドにいって、付けました。
Cimg1041
ほぼ新品はいい感じw
スイングアームやカラーにたっぷりグリスぬってつけます。
Cimg1044
飛び散りまくりのグリス↑周りは吹きとりました
Cimg1045
あとはナットをしめてリヤサスつけます。



Cimg1008_2

Cimg1027
そしてマフラーつけてバッテリーつけました。
ちなみにマフラーは耐熱ペイントで軽く錆とり
吹いときました。

エンジン始動確認が出来るとこまで来ました!!

まだベルト等つけてないので付けました。
まず、仮止めしていた、ケースを開けて、プーリーも仮締めしてたので
こんな感じで開けました。(開けるときだけスパナ引っ掛けが出来ます)
Cimg1025
プーリーとアウタークラッチのナットを締めたら始動確認です。
ちなみに、例のクリーニングハンガーで締めるやり方ですが、
2・3回が限度かも・・・締めるときにハンガーが切れました。
まあもともとタダなのでやる時に作ります。


ベルトつけてエンジン始動!!
Cimg1026
おおぉ~10数回セルを回したらかかりました・・・
感動です(´;ェ;`)ウゥ・・・
かかるか
不安でしたぁ・・・・
かかりました!!
・・・でもエンジン取った時と同じくチョイアイドリング不安定;
取る前からオートバイスターターが駄目だったのですが、
キャブオーバーホールで平気かなと思ってましたが
やっぱ取り替えないとだめですね~;;
まあ、温まると止まることなくアイドリングします^^

後は適当にかぶせてあったカウル取り付けシートBOX等取り付け
フロントは仮止めで走ってみました。
Cimg1053
走りました~(当たり前w)
ブン回したかったけど、馴らしなので軽くだけど・・・
とりあえず自分なりにエンジンオーバーホールは満足でした^^

この後やる予定は、まだまだあります。
この一号フリはもともと部品取りだったので、2号3号にいい部分を
つけたため、フロントのメーター・メーターカバー・フロントカバーが
駄目です・・・・なのでまともにネジ止めできないのでその辺を
を直し、加工したスクリーンを取り付けたらやっと走れます^^
時間掛かるなぁ~

また追記して行きますが、3号のシリンダーヘッドカバーあけて
交換した写真と途中レギュのパンクがあったので、それは別記載します。
メーターも時計表示が×なので予備と組み合わせます。

やっと一段落しました・・・・。(´ー`)y━~~

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/410130/18808217

MF03 フリーウェイ エンジン着まであと一息!!②を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。